10月のnull関連イベント情報!

にわか@所長です。

夏のnullは稼ぎ時?というかイベント三昧すし三昧…9月も「開港5都市景観まちづくり会議2018函館大会」に、「長崎居留地まつり」にと慌ただしく過ぎていきました。

しかし!今年はくんちも終わった10月に忙しくなりそうです。
ということで今月のnull関連のイベント情報です!どん!!


 

10月20日(土)13:30〜16:30
@ながさきまちなか3room(長崎市浜町)
手紙と旅の手帖〜考える編〜

大浦の「てがみ屋」さん主催で、2回のレクチャー・ワークショップと参加者の自主的な取材活動により、ZINEまでを完成させる盛りだくさんの企画です。nullでは1回目のワークショップで所長が講師として登場します。ちょっと変わったマチの見方や、以前発行していた「ナガサキデザインニュース」というZINEの制作秘話?をします。また、実際のZINEづくりのお手伝いも行います。

詳しくはこちら


10月21日(日)12:30〜17:30
@キズナカフェ(長崎市南山手町)
第2回きょういちさんの長崎アーバニスト塾〜ナガサキ・アーバン・ルネッサンス2001構想編〜

nullの共催で、建築家・芸術工学博士の中村享一さんと一緒に、近代長崎の都市開発史を学ぶシリーズ企画です。普通は古い時代から学ぶのですが、今回は現代から過去に遡っていきます。第2回目は昭和晩年から構想され、平成の長崎市に大変革を巻き起こした港湾再開発のお話です。ゲストに元県職員の浜永さんをお招きして、所長がモデレーターを努めます。なんとお船からの港湾ウォッチング付き!

詳しくはこちら


10月27日(土)16:00〜17:00
@東山手洋風住宅群A棟(長崎市東山手町)
旧長崎居留地の風景を描いた画家 (デザインセッション#14)

nullの主催の久々のデザインセッションです。今回は所長がいつもお世話になっている長崎学研究所の入江学芸員をお招きして、野口彌太郎を中心として戦後の長崎で興った芸術家たちの活動を通して、当時から今に至る長崎の景観の変遷を考察します。居留地のホンモノの洋館で、画家たちが描いた洋館などの風景やそれに込められた想いを感じてください。

詳しくはこちら


10月28日(日)13:00〜18:00
@長崎市市民活動センターランタナ(長崎市馬町)
第3回オープンデータでまちづくりワークショップ

東京で活動するデータサーファーこと浦川アニキとnullで今度から取り組む新企画。都市の様々な情報を広く公開できる形でオープンに保管することで、それが色んなコンテンツに利用され、まちづくりに活かす実験です。今年度は、住んでいる人しか分からない情報を集め、オープンデータ化させることで、より魅力的な観光情報データベースを構築します。とは言うものの、特に情報技術の詳しい知識や技術は必要ありません。

詳しくはこちら


千本ノックではないですが、4本ノックですが、毎週末nullまみれになれますね!
過ごしやすい季節だからこそ、イベントもより快適に楽しめるハズ!
皆さんのご参加をお待ちしています♪