アフィリエイトとは?仕組みや広告の種類・集客方法など徹底解説【初心者必読】

[chat face=”mitsuicon.png” name=”みつ先輩” align=”left” border=”none” bg=”red”]じゃあ早速だけど、アフィリエイトをはじめてみようか![/chat] [chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]頑張ります!!でもまだイマイチアフィリエイトのことを詳しく分かっていなくて…。正直アフィリエイトの胡散臭いイメージがぬぐえないです…。[/chat] [chat face=”mitsuicon.png” name=”みつ先輩” align=”left” border=”none” bg=”red”]確かに、中々日常生活ではアフィリエイトを意識することがないからよく分からないよね。今日はアフィリエイトでなんで稼げるのか、なんでウェブマーケターの知識が得られるのかを説明していくね。あと、ウェブで使う専門用語などもあえて使っていくよ。覚えるようにしようね。[/chat]

アフィリエイトってなに?


アフィリエイトを簡単に言うと、

サイトやブログに商品を紹介する広告を貼ってユーザーに商品を購入してもらう・会員登録をしてもらうなど成約(=コンバージョン・CV)したら広告主から成功報酬をもらう

という仕組みになっています。

例えば、あなたがブログに化粧水の紹介をして広告を貼ったとします。それを見た別のユーザーがその広告から広告主のサイトへ行って化粧水を買えば報酬としてお金をあなたの元にお金が入るようになります。

このアフィリエイトはネット広告に分類され、皆さんが知っている企業も広告主になっています。例えば化粧品のオルビスやポーラなどもネット広告費としてアフィリエイトの成果報酬を支払っています。

この成功報酬の金額はさまざま。たとえばコンバージョンが無料会員登録などハードルが低いものであれば報酬は100円ほどになることもありますし、高額なエステ入会がコンバージョンであれば報酬は1万円を越えることも!ただしそうした高額な報酬の場合は逆にユーザーが成約するハードルは高くなります。

[chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]確かに、エステって高いから「このエステ良いですよ!」って言われてもすぐに決められないですよね。2,3日とか1週間とか悩んで、結局やっぱいいやってなっちゃう。[/chat] [chat face=”mitsuicon.png” name=”みつ先輩” align=”left” border=”none” bg=”red”]そういうユーザーの気持ちを考えながら紹介する商品を決めないといけないね。[/chat] [chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]あと、広告主とは直接契約するんですか?[/chat]

実は私たちアフィリエイターと広告主の間に、広告代理店であるASPが存在します。

ASPってなに?

ASPは、アフィリエイター向けの広告を各広告主からもらって集約し、アフィリエイターに紹介している広告代理店のことをいいます。なので、実際に貼りたいアフィリエイト広告を探す場合はASPから広告をもらうことになります。

[chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]なるほどー。ASPはたくさん種類があるんですか?[/chat]

現在ASPは40社以上あると言われていて、各ASPにそれぞれ強いジャンルというものが存在します。

また、ASPはほとんどが登録する際にサイトやブログの審査というものが必要になります。審査と言っても落とすような審査ではなく、記事を5記事ほど入れておけば通過するようになっています。中には、稼いでいる人しか入れない「クローズドASP」なるものも存在します。

ASPの中で唯一、サイト・ブログを持たずに登録できるのがASP最大手「A8.net」です。このASPに登録していない人はいないのではないかというくらい、アフィリエイターは必須で登録しているASPです。実際、広告案件も豊富なので、まずはA8.netから広告を探すようにしましょう。

アフィリエイトの広告の種類

アフィリエイトにはASPから広告をもらって成果報酬をもらう「成果報酬型」と、GoogleAdsense(グーグルアドセンス)などの「クリック課金型」の主に2種類があります。

[box04 title=”アフィリエイトの広告の種類”]
  • 成果報酬型アフィリエイト・・・ASPから広告をもらって成果に応じて報酬をもらう
  • クリック課金型アフィリエイト・・・広告を貼ってクリックしてもらうことで報酬が入る
[/box04]

成果報酬型広告

成果報酬型は「購入する」「会員登録する」などの行動を起こすことによって発生するためその分報酬は高いですが、クリックするだけという成果報酬型よりハードルが低いクリック課金型は1クリック当たりの金額(クリック単価)が30円ほどになっています。

クリック課金型広告

クリック課金型はサイトにグーグルアドセンスやnend、忍者Admaxなどの広告を貼って、興味のある人がクリックしてくれたら報酬が発生する仕組みです。ちなみに、グーグルアドセンスを貼るのが最も一般的です。

 

成果報酬型とクリック課金型どちらを選ぶ?

[chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]ハードルは高いけど1回につきもらえる金額が多い成果報酬型と、ハードルは低いけど1回につきもらえる金額が少ないクリック型、どちらで運用した方が良いんですか?[/chat]

おすすめなのは「成果報酬型」

私がおすすめするのは「成果報酬型広告」です。成果報酬型の方がより大きく金額を稼ぐことができますし、ウェブマーケティングを学ぶうえでより勉強になるのは成果報酬型だとらです。

成果報酬型広告は商品やサービスの紹介をして報酬を得ます。商品やサービスを購入したいユーザーにネット上で「接客する」ということは、「ウェブ上でマーケティングをする」ということです。
成果報酬型広告はただ単に商品を紹介するだけでは売れません。商品やサービスを紹介する記事は、実際に商品を使ったレビュー記事を載せたり、デメリット書いて正直に商品について伝えるなどのテクニックが必要です。こうした試行錯誤して商品やサービスを買ってもらうという「人にアクションをして買ってもらった」という体験は自分自身への自信につながりますし、こうしたスキルを身に着けることは今後アフィリエイトをする上でも転職するうえでも非常に役に立ちます。

一方、クリック課金型広告は人の役立ちそうな情報をまとめてクリック課金型広告を貼ればいいのですし、それも決して悪いとはいいません。ですが、集客できても成果報酬型ほど稼げません。クリック単価がもし30円だったら5万円稼ぐのに約1,667人にクリックしてもらわないといけませんね。

[chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]成果報酬型よりもたくさんの人を集客しないといけないとなると、クリック型課金は意外と難しそうな気がします…。[/chat]

もちろん、どうしても書きたいネタがあって成果報酬型よりクリック課金型の方が合う!と感じるのであればクリック課金型で運用するのもいいでしょう。その代わり、ツイッターやインスタグラムなどのSNSで集客を頑張るなどしなければ、中々稼ぎづらい点に注意です。

成果報酬型とクリック課金型の使い分けは?

[chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]成果報酬型とクリック課金型、使い分けとかはあるんですか?[/chat]

例えば、成果報酬型は商品やサービスなどを紹介して成果を出し、報酬をもらえるようなサイトやブログを作らなければいけません。

では逆に、場所や人物を紹介するようなサイトだとどうでしょうか。例えば「タピオカミルクティーが美味しいお店をまとめたら見てくれる人がいるかも!」と考えてサイトを作る時、ASPかもらえそうな広告はありませんね。
そういう時に使うのがクリック課金型の広告です。タピオカミルクティーのお店をまとめたサイトを見に来てくれた人がこの広告を見てクリックしてくれたら報酬になります。

クリック課金型広告ならトレンドアフィリエイトという手法も

クリック課金型で稼ぎたいなら、「トレンドアフィリエイト」という手法があります。これは、世の中で話題になっていることを記事にして集客していく手法です。例えば「芸能人の○○が結婚した・不倫した」「■■を食べる最新ダイエット法」など、テレビや週刊誌などで話題になっている「ゴシップ記事」を書いて載せます。するとそれが気になる人がスマホなどで検索してくるのでうまく上位に表示させれば記事を読んでくれて、さらにアドセンスなどの広告をクリックしてくれます。

また、直近でテレビで放送する内容をチェックして記事にするのもおすすめです。テレビ番組に出演し、もしかしたらバズるかも?な人を教えてくれる「sinobi未来瓦版」は参考になりますよ。

ただし、こうしたトレンドアフィリエイトは「最新の情報を書き続けなければいけない」ので疲れてやめてしまう人も多く、あまりおすすめはできません。

アフィリエイトってどういう風に集客するの?

[chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]アフィリエイトについて分かってきた気がします!でも実際にサイトを作ってどういう風に集客するんですか?[/chat] [chat face=”mitsuicon.png” name=”みつ先輩” align=”left” border=”none” bg=”red”]SEOやSNS、ネット広告で集客するよ!こういったテクニックはウェブマーケティングにおいて大事なスキルだからよく理解しようね。[/chat]

SEOで集客する

アフィリエイトで稼ぐにはまずは集客することが大切です。集客において一番大切なのが「SEO(検索エンジン最適化)」です。

SEOとは、グーグルなどで検索されたときに自分のサイトを上位に表示させること。自分が狙ったキーワードで1位に上げる、もしくは近づけば近づくほど多くの人がサイトに見に来てくれます。

「Internet Marketing Ninjas」が発表した2017年版のGoogle検索順位別クリック率データによると、

1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%
4位 : 4.66%
5位 : 3.42%
6位 : 2.56%
7位 : 2.69%
8位 : 1.74%
9位 : 1.74%
10位: 1.64%

上位3位までを40%近くの人がクリックしていることになります。こうして検索結果の上位に上げることが集客につながり、より多くの報酬が手に入ることになります。

ちなみに、SEO対策をきちんと行っても最初の半年間は中々上位に上がらず、サイトを見に来てくれる人もいません。

アフィリエイトの報酬が出始めるまでの目安は「100記事書くこと」と言われています。まずは100記事書き続けること。そうすることでサイトの評価(ドメインパワー)が上がって検索上位に上がる可能性が増えます。

SNSで集客する

100記事書くまでに同時に行いたいのがSNSによる集客です。これは無理にとは言いませんが、あることでSNS運用の知識も上がりますし、サイトのファン作りに最低ですのでなるべくやってみましょう。

SNSにはツイッター・フェイスブック・インスタグラムなどがありますが、まずおすすめなのがツイッターです。ツイッターはほとんどの企業が使っているといっても過言ではないほど運用しています。

自分の扱うサイトのジャンルで有益なことがあればどんどんつぶやいていきましょう。うまくいけばバズって拡散され、多くのフォロワーを獲得することができます。

次にフェイスブック・インスタグラムですが、これは扱うジャンルの年齢層や性別などで使い分けます。
フェイスブックを利用する人は、30代後半から50代ほどの働き盛り世代~中高年層が多く利用しています。逆にインスタグラムは若い10代から30代の女性の層が多いですね。

これらもSEO集客以外の集客方法として導線があると、もし作ったサイトが急に評価が落ちて検索上位にあがっていたものが圏外に飛ばされても安心です。

[chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]なんかさらっと怖いことかいてますけど、急にサイトの評価落ちて圏外にってあるんですか?[/chat] [chat face=”mitsuicon.png” name=”みつ先輩” align=”left” border=”none” bg=”red”]あるよ。グーグルのアルゴリズムと言って、サイトの評価基準が変わるとまじめに作っていたサイトも飛ばされることがあるよ。飛ばされない・強いサイト作りの絶対的なノウハウはグーグルにしか分からない。でもコツはあるから、今は安心してね。[/chat]

ネット広告で集客する(PPCアフィリ)

PPC広告

例えば「ダイエットサプリ」で検索すると上に【広告】と表示されたものが3つ出てくる。これがPPC広告。

 

表示される分にはお金は発生しないので、広告を見て興味を持ってくれた人がクリックした分だけ広告費を支払えば済むので非常に効率が良いです。アフィリに頼らず集客したい人にはネット広告で集客する方法もあります。

記事を書いた後、キーワードを決めてグーグル広告で宣伝することをPPCアフィリエイトといいます。PPCとは「Cost Per Click」=「1クリックされるごとに支払う」という意味になります。広告を見て興味を持ってくれた人がクリックした分だけ広告費を支払えばよく、表示される分には料金は発生しません。
また、SEOを頑張らなくても広告費さえ払えば上位に表示してくれるので非常に効率がいですね。もし広告費を出せるような資金があれば挑戦してみましょう。

ただし。こうしたPPC広告はグーグル広告の他にもヤフーにもありますが、ヤフーは2019年6月からアフィリエイトサイトのPPCは禁止になりました。もしかしたらこの流れがグーグル広告にも来る可能性があります。もしグーグル広告もアフィリエイトサイトの登録が禁止されてしまえばPPC広告に頼ってきてSEOをおろそかにしてきたサイトはその後稼ぐことが難しくなります。なので基本はSEOを軸にしたアフィリエイトをおすすめしています。

また、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSに広告を出すことも可能です。特にフェイスブックは日額100円という低価格から出すこともできるので、サイト集客はもちろん、フェイスブック広告を実践してウェブマーケティングのスキルを上げたい人にもおすすめです。

まとめ

アフィリエイトはASPから広告をもらって商品を紹介し、成約することで報酬をもらう仕組みです。少し難しいかも、そう感じた人や面白そう!と感じた人など色々あると思います。

今回この記事でアフィリエイトを初心者で始めるなら一番おすすめなのは「成果報酬型でSEOをしながらSNSでも集客する(余裕があればネット広告も)」です。

このやり方だとウェブマーケティングスキルを高めながらさらに副収入として報酬もしっかり入る・しかももっとも稼ぎやすい正攻法です。今後はこの「成果報酬型・SEO・SNS」をメインにお教えできればと思います。

収益が出るまではとても大変ですが、収益が出始めて人が見に来てくれるとアフィリエイトは楽しいものです。また、アフィリエイトをしながらウェブマーケティングスキルを高められるので興味のある人にはぜひおすすめです。

これから一緒にアフィリエイトを勉強して報酬獲得・そしてウェブマーケティングスキルを磨いていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です