ワードプレス初心者におすすめプラグイン9選【これだけは入れておこう】

ワードプレスをインストールしていざ記事を書くぞ!というとき、便利な機能を果たしてくれるのがプラグインの存在です。

ですが、便利だからと言ってどんどんプラグインを入れていくと重ーいサイトになってしまい、ユーザーからは見づらいサイトになってしまいます。

今日は、ワードプレスでのサイト作り・記事執筆に役立つおすすめプラグインを必要最小限ご紹介します。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

折角作ったサイトがGoogleに認識されなければ意味がありません。

Google XML SitemapはGoogleに認識してもらえるようにサイトマップを自動で生成してくれるというSEO的に必ずいれておきたいプラグインです。

Contact Form 7

Contact Form 7サイトやブログにはお問い合わせページは必須です。なぜなら、お問い合わせページがあることで思わぬお仕事のお話が舞い込むことがあるからです。

設定もすごく簡単なので、絶対設定しておきましょう。

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Order
地味にあると嬉しい(?)作ったカテゴリーを並び替えることができるプラグインです。作ったサイトにカテゴリーを載せると自分の意図しないカテゴリが上に来て困ることが多々ありますが、これで並び変えればOKです。

Classic Editor

Classic Editor

現在記事を投稿する画面がやや使いづらいため、「Classic Editor」で前の使用に戻します。

Table of Contents Plus


このプラグインがあると、記事に目次を生成してくれます。目次があると記事に何が書いてあるのか大まかに見ることができ、ユーザーに親切な記事になります。

TablePress

記事を書くうえで、見やすい表はユーザーの理解を深めてコンバージョンにつながりやすくなります。

標準装備の表作成でもいいですが、さらに見やすく凝った表にしたければこのプラグインを入れてみましょう。

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、いわゆる「リンク切れ」を教えてくれるプラグインです。知らない間に切れていたリンクを教えてくれるのものすごく便利です。

Add Quicktag

Add Quicktag
ワードプレスのテーマ「WING(AFFINGER5)」を使っているときはあまり必要性を感じませんでしたが、「JIN」にしてからはこれがないと会話吹き出しが不便です。JIN愛用者は必須で入れておきましょう。

EWWW Image Optimizer


画像を入れると記事がより分かりやすくなり、滞在時間も増える傾向になりますがどうしても重くなりがちです。「EWWW Image Optimizer」は画質を劣化させることなく圧縮してくれます。

ちなみに、わざわざpngでアップする必要のない画像はjpgに変換してアップすると画像が軽くなって◎です。

Imsanity

Imsanityは画像を自動でリサイズしてくれます。例えば、ワードプレスのテーマ「JIN」の推奨アイキャッチサイズは横760px・縦428pxですが、この設定をImsanityにしておけばリサイズしてくれるので便利です。

まとめ

とても便利なプラグインはつい何個もいれがちです。必要最低限のものをいれてなるべくサイトを重くしないようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です