未経験だけどウェブ職にキャリアチェンジしたいならアフィリエイトから始めてみよう!

今の業種からウェブ業界へキャリアチェンジをしたい、ウェブの仕事に興味がある。でも事務職や販売職などの職種から未経験でウェブ業界へ飛び込むことができるの?
このサイトを見に来てくださった方はそんな疑問を持っているかと思います。

この記事では、全くの未経験からウェブ職に転職するにはどういうスキルを身に着けるべきなのか、どうやって身に着けるのかについてお話していきます。

全くの未経験からウェブ職へ転職できる?

いきなり答えを言うと、パソコンを全くさわったことのないような未経験者だとウェブ職へ転職できる可能性はゼロとは言いませんが、少し厳しいかもしれません。また、全くの未経験で入ると新卒者、あるいはそれ以下のお給料でスタートする可能性もあります。

ではどうすればいいのかというと、ウェブ業界のスキルはスキマ時間に身に着けることができます。例えば

  • 自分でサイトやブログを立ち上げてみて集客してみる
  • SNS(インスタグラムやツイッター)を運用してフォロワーを1,000人以上にする
  • 独学でプログラミングをやってみる・アプリを作ってみる

など、そういったスキルがあれば、企業からなので「うちに来てほしい」と言われる可能性は上がります。もしどうしても行きたい会社が実務経験必須ならランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングで仕事を自分で取ってきて実務経験を得ればいいんです。

少し難しそう、と思いましたか?仕事から帰ってきてゆっくりしたいのにその後もパソコンを触るなんてしんどい。もしそう感じたのならキャリアチェンジよりキャリアアップ(今の職種を磨いて経歴をあげる)方が向いているのかもしれません。

もし「キャリアチェンジのためにアフィリエイトやプログラミングをやってみたい・興味がある」そう思ってくれた方はようこそウェブ職へ。あなたの頑張りはきっといい転職へと成功すると思います。

では実際に私はというと、全くの未経験からウェブ職・具体的に言うと「ウェブマーケティング職」へ転職できました。というのも実は「アフィリエイト」で培ったスキルを活かせたからなんです。

アフィリエイトってなに?

パソコン

アフィリエイトとは簡単にいうと「自分のサイト・ブログに商品の広告を載せて収益を得る」というウェブマーケティングの手法です。このアフィリエイトを実践することでウェブマーケティングが学べます。うまくいけば収益も出ます。

とはいえ、収益を出すまでは非常に大変です。実は近年「Googleアップデート」と言われるアルゴリズムの変更で、専業のアフィリエイターが稼げなくなりやめていく人が続出しています。アフィリエイトで収益を出すことは年々難しくなってきています。

でもこのサイトでしっかりアフィリエイトについて教えていきますし、あくまでゴールは「アフィリエイトだけで食べていく」のではなく「アフィリエイトでウェブ職に必要なスキルを身に着けて転職する・フリーランスになる」に設定しています。もちろん、アフィリエイトを始めて才能が出て「アフィリエイトだけで食べていける」状態になったらそれも喜ばしいことですね。

また、アフィリエイトをすることは「自分が書いた記事でユーザーが商品を買ってくれた」という経験をすることができます。そうした成功体験は自分自身に自信がつきますし嬉しいですね。私は「アフィリエイトを通してウェブマーケティングに触れて”楽しいと感じる”」こともこのサイトのコンセプトとして掲げています。

「楽しい」と思えることを仕事にすることって大切ですよね。私が知っているIT企業の社長さんはいつも目がキラキラしています。「ウェブの世界で困っている多くの人を助けたい」そうした気持ちが仕事へのやりがいにつながっているのだと思います。

もちろんウェブの仕事は一見華やかなようで地味で作業も多いです。クライアントから無茶ぶりも来ますw大変なことはたくさんあります。

それでもやりがいがある仕事だと感じています。

まとめ

「ウェブ系の仕事に転職したいならアフィリエイトやSNS運用・プログラミングやコーディング」をやってみよう!ということでした。

アフィリエイトに関しては私はこのサイトでしっかりお教えしますし、SNS運用やプログラミング。コーディングのほかネット広告運用などについてもお教えできればと思います。

ウェブ系に転職するなら、今の仕事をしながら早めにスキルアップしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です