レンタルサーバーと独自ドメインで自分のサイト・ブログを立ち上げてみよう

カテゴリを決めたら、次は実際にレンタルサーバーを契約して独自ドメインを取得し、自分のサイト・ブログを立ち上げていきます。

[chat face=”uebuicon.png” name=”あい” align=”left” border=”none” bg=”blue”]自分のサイトを立ち上げるなんて、ちょっと難しそうですね…。[/chat] [chat face=”mitsuicon.png” name=”みつ先輩” align=”left” border=”none” bg=”red”]それが意外と簡単だから、一緒に頑張って設定してみよう![/chat]

1時間もあれば十分立ち上げできると思います。

サイト作りの手順を簡単に説明すると以下のようになります。

[box04 title=”サイト作りの流れ”]
  1. レンタルサーバーを契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. ワードプレスをインストールする
[/box04]

では順番にやっていきましょう。

レンタルサーバーを契約しよう

まずはレンタルサーバーを契約します。

レンタルサーバーとは自分のサイトを置けるパソコンのこと。月額1,000円ほどかかりますが、これを契約しなければサイトを作れません。

サーバーを選ぶうえで基準にしたいのは以下の4つです。

  1. 高速かつ安定してサイトを表示できる
  2. ドメインをいくつも登録できる
  3. 無料でSSLにできる
  4. 管理画面が使いやすい

これを満たすレンタルサーバーがエックスサーバーMixHostの2つです。これ以外のサーバーははっきり言って選択肢には入りません。笑

それほどこの2つのレンタルサーバーが個人でサイト・ブログを立ち上げるのに向いています。

この2つの違いは

  • コスパの良さ
  • 管理画面の使いやすさ
  • サーバーの安定感
  • アダルト・出会い系アフィリ運用できるか

の3つです。サイトの表示速度が速い・ドメインをいくつも登録できる・無料でSSLにできる点は共通しています。

エックスサーバー mixhost
コスパの良さ 〇 初期費用3,000円+月額1,000円前後(契約期間で異なります) 初期費用0円+月額1,000円前後(契約期間で異なります)
管理画面の使いやすさ 圧倒的に使いやすい △ やや使いづらい
サーバーの安定感 安定している 〇 たまに障害が発生する
アダルト運用 × 不可 ◎ できる

初期費用に3,000円かかかるものの、圧倒的におすすめはエックスサーバーです。より価格が安い方がいい人はmixhostもいいかと思います。

また、アダルト・出会い系アフィリが運用できるのはmixhostです。エックスサーバーは規約により、運用ができません。
アダルトアフィリをやる人は少ないかもしれませんが、出会い系アフィリの運用を考えている人は迷わずmixhostを契約しましょう。

エックスサーバーでサイトを作る



エックスサーバーは私がメインで使っているレンタルサーバーで、使いやすさと安定感、速さを求めるなら絶対おすすめするサーバーです。

エックスサーバーでサイトを作る

mixhostでサイトを作る


※ただいま記事作成中です。

mixhostでサイトを作る

まとめ

これでワードプレスを立ち上げることができたかと思います。この後は引き続き、サイトデザインを整えるためにワードプレスのテーマを導入していきます。

中々記事を書くまで道のりは長いですが、慣れたら簡単ですので、ぜひマスターしましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です