メダカ水槽を置く場所はどこがいい?置いてはいけない危険な場所は?

メダカ 水槽 置く場所

メダカを飼いたいけど、飼育場所はどこがいいだろう?とお悩みではないでしょうか。

メダカは室内で屋外でも飼うことができる飼育のしやすい魚です。

しかし、置き場所を間違ってしまえば、せっかくのメダカが弱ってしまったり、最悪の場合死に至ることも。

小さい魚とはいえ、大切に育ててあげたいですよね。

今回は室内・屋外別のメダカを飼うのに適した場所について説明していきます。

メダカを室内で飼う場合の水槽の置き場所

メダカを室内で飼う場合の置き場所です。

室内でのメダカ水槽の置き場所

  • 台が安定していて水平な場所
  • 水槽の重さに耐えられる場所
  • 電子機器類が近くにない場所
  • 室温や冷暖房の影響を受けない場所

メダカ水槽は、水の重さも加わって重量があります。また、水槽に負荷がかかれば、割れに繋がったり水漏れの原因になります。

また、水を扱うので、電子機器類の近くに置くのもあまりよくありません。

さらに、メダカは強い生き物といえど、室温や冷暖房の影響をあまり受けない場所のほうが

良いです。

そのため、室内でメダカ水槽を置く場合は上記の場所が適切といえます。

また、メダカ水槽を日当たりの良い場所に置くべきかというのは意見が割れるところです。

水の光合成のためにある程度光のあるところの方が良い気もしますが、以前ベタ水槽を日当たりの良い窓際で飼育していた時に苔が水槽に生えまくって掃除が大変…ということになってしまったことがあります。

このことから、日当たりの良い場所を避けて、LEDライトを照射してあげることにしました。

私はテトラのLEDミニエコライトをAmazonで購入しました。

メダカを屋外で飼う場合の水槽の置き場所

メダカを屋外で飼う時の置き場所についてです。

屋外でのメダカ水槽の置き場所

  • 水槽を安定して置くことができる場所
  • 太陽光が少しでも当たる場所
  • 夏場は水温が当たりすぎないように工夫できる場所
  • 室外機の風が当たらない場所
  • 大雨の日は雨除けができる場所

まずは、水槽を安定して置くことができる場所というのは必須条件ですね。

次に、少しでも陽の当たる場所に置くようにしましょう。

メダカを日光浴をさせることで丈夫で元気な個体に育てることができます。

ただ、夏場は太陽光が当たりすぎると水温が上がりすぎてしまうことも。メダカを飼育するのに適温な水温は18~28度ほどなので、30度を超えてしまうとメダカが弱る可能性があります。

そのため、夏場はメダカ水槽の水温が上がりすぎないように工夫できる場所に置く必要があります。

例えば、陽が当たりすぎないようによしずをかける・グリーンカーテンを作るなど、水温が上がりすぎないように工夫しましょう。

また、意外と盲点になりやすいのが室外機の近くに置いてしまうこと。室外機の暖かい風もメダカ水槽の水温に影響を与えるので避けるようにしましょう。

最後に、屋外飼育の時に気になる雨についてです。

野生のメダカが雨に当たっても平気なのは、大量の水のなかで暮らすので、多少の雨が降っても大した影響はないからです。

しかし、個人が飼育する小さな水槽の中に大雨が降り注いでしまうと、溢れてしまってメダカが流れてしまう心配もありますし、酸性雨がメダカに影響を与えることも。

多少の雨なら気にすることもありませんが、大雨のときは雨を避けられるように水槽によしずを被せる、傘で雨除けをするなど工夫をしましょう。

急な雨でも水が抜けるような飼育箱もあります。

created by Rinker
¥1,250 (2021/06/24 11:43:02時点 楽天市場調べ-詳細)

メダカ水槽を置く場所まとめ

メダカ 水槽 置く場所

メダカを室内で飼う時も屋外で飼うときも、水槽を安定して置けることが重要です。

そのほか、メダカの水温に影響を与えない場所を選ぶこともとても大切です。

これから家族になるメダカのことをしっかり考えて、元気に過ごせる場所を選んであげましょう。